【重要なお知らせ】新型コロナウイルス対策を実施しております。詳しくはこちらをご覧ください

元旦会

立木観音とは

厄除祈願のイメージ

満々と水をたたえる琵琶湖から、京都、大阪へと唯一流れ出る瀬田川の南郷から大石の間にある景勝地、米かし岩や奇岩の間を流れる急流の鹿跳渓谷を望む急峻な立木山の山腹を、約800段の石段を登ったところに「立木観音 立木山安養寺」があります。
平安時代前期、山に光を放つ霊木を見つけられた弘法大師が瀬田川の急流で渡れずにいる所、白い雄鹿が現れて、大師を背中に乗せて川を跳び越えられ、霊木の前まで導き、雄鹿は観世音菩薩のお姿になられました。以来、この地は「鹿跳(ししとび)」と呼ばれています。
大師は自身が42才の大厄の年にあたっていたため、観音さまに導いていただいたのだと歓喜され、自身のみならず、未来永劫の人々の厄難・厄病を祓おうと発願し、霊木を立木のままに聖観世音菩薩を刻まれ、一宇の堂を建てて安置したと伝えられています。
大師はその後、高野山を開基されたので、立木観音は「元高野山」とも呼ばれています。
毎年、大晦日の夜から境内は参拝者でにぎわい、元旦会、初立木会等、特に一月中のお参りは多く、滋賀・京都・大阪・兵庫など関西はもとより、福井・愛知また遠くは東京・関東方面など遠方より参拝されます。節分会、新緑の季節、初夏から秋にかけて、9月5日の千日会をはさみ、小さな子供連れの家族、若い方たち、月参りの方など、日々変化する豊かな自然に親しまれながら一年を通してお参りされる方が絶えることはありません。
このように立木観音は、昔から災難除・厄除の寺として多くの参拝者が自身や家族の無事息災・家内安全・諸願成就などを願って参られています。

観音信仰のおすすめ

観音信仰のおすすめ

人は少しでも病気をしたり、何か心配事でも起ると、神仏にお願いする気になりますが、別に病気も悩みもないときは、神仏のことを忘れてしまいがちです。

ちょうど大海に船をこぎだした時、暴風雨に出会ったならばどうにかして助け船を得たいものと命かぎりに叫ぶけれども、ひとたび波が静まれば今まで叫んでいたことも忘れてしまうようなものです。

人は何不足のない事態にあっては中々真実の信心は起こり難いものです。どうしても、心か体に手痛い苦しみを受けて、はじめて救いの道を求めるのが大方の人ではないでしょうか。

観音信仰は大乗仏教の極致、一大蔵経の帰趣、世の諸々の苦しみ、悩みを救い給う神力、最勝微妙の霊法であります。願わくは立木観音さまを常日頃から深く信奉され、救いの慈悲光に摂取せられますことを念じてやみません。

最新情報

2020年11月01日 更新
立木観音では11月1日より元旦の御祈願の事前受付を行っております。 例年、元旦会(1月1日 ~...
2020年10月29日 更新
このコロナ禍において、立木山では消毒液の設置や寺の従業員のマスク着用など、感染防止対策の徹底に努めて...
2020年10月25日 更新
 新型コロナウイルス感染症の影響により、ご参拝が叶わない皆様のお気持ちにお応えするため、郵送(国内の...
2020年08月31日 更新
立木観音では9月1日より、令和3年の元旦から1年間、立木山境内に奉納される提灯を受け付けております。...
2020年06月28日 更新
《9月5日(土) 厳修》
一日のお参りで千日分の功徳を戴ける日 観音さまと親しまれる仏様の正式なお名前は『観世音菩薩』と...