節分会

開催日: 
2月3日(土)

立木観音では立春の前日にあたる節分に厄払いの行事として『節分会』を厳修致します。節分とは季節の節目を意味し、昔から季節の変わり目は体調を崩しやすく病気や災難といった厄に遭いやすいとされています。

当日は午前10時より、僧侶・山伏等によるお練りにて境内を清めた後、本堂前の境内にて大護摩修行が行われます。一年の間、参拝者が願いを書き溜めた護摩木数万本が、浄火によって梵焼され、厄を払い願いが成就するよう祈念されます。

また境内では、

10時半、12時半、1時半、2時半、3時半、4時半毎に

福徳・無病息災を願った福豆・降魔餅撒きが行われます。